eスポーツとしてのレースゲーム

eスポーツとしてのレースゲーム

 仕事で結構やっちゃっていてコロナでなかなか飲みに行くこともできずな状況なのでとてつもなく憂鬱な気分です。それでも、日々生きています霜村ぺぺです。最近は飲み過ぎだったので量をセーブしていますが、酷いときはビール1ケースが2週間以内でなくなったことがあります。気をつけないと・・・。

 時よりグランツーリスモSPORTのワールドツアーを見ているのですが、下手したらこれは今のF1よりも面白いのではないかなと思っています。今のF1はいろいろ詰め込みすぎて面白くないというのもあるのですが、レギュレーションの他にセッティングも統一されて完全に実力だけの勝負であるため、熱い展開が繰り広げられているので、見ていて飽きない。インディ500の熱さまではいかないですが、燃料やタイヤのマネジメント、ピットインのタイミングで勝敗が分かれる部分はしっかりしたレースを見ている気分になりますね。私もグランツーリスモSPORTを時よりプレイしてより速くなるように練習しておりますが、オンラインプレイで理不尽にぶつけられたりペナルティを受けたときにとんでもないくらい切れてしまうので、eスポーツには一生参加出来ないと思います。しばらくは見ているだけで良いかな。

 最近はTwitterでいろいろ盛り上がっている事が多いですね。大体はニュースのネタが多いのですが、Twitterで投稿している人はちゃんとニュースを精査して投稿しているのでしょうか。よく調べれば出てくるような内容でも無視して見出し部分だけで発言している人が多く見受けられるので、こんなレベルだとメディアが世界を牛耳れてしまう世界になってしまいますね。まあ、歴史的にそんな状態だったかもしれないですけどね。一時どうなのかなっていうネタがあったのですが、スルーしていたらやっぱり切り取られて解釈を変えられている状態だったのでやっぱりかとなりましたよホント。昔はメディアとかはインターネットの情報は信憑性が薄いので媒体、印刷された信憑性の高いニュースを読みましょうとか言ってインターネットをバッシングしていましたが、お前ら人のこと全く言えないよと認識していただきたいですね。パソコンが超初心者な人が多いのももしかするとパソコン依存症とか連日謳っていたテレビの影響が少なからずあるかもしれないですね。パソコンは悪なのだと。

 今日はもう寝よう。おやすみなさい。

最新の日記

広告

2019 – 2021 掃溜の壺

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。