Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

Rescue Cut – なぞとき 脱出ゲーム

面白さ★☆☆☆☆
操作性★★☆☆☆
UIF★☆☆☆☆
広告量★☆☆☆☆
省エネ★★☆☆☆

総合評価 1.4 / 5.0 by ダッチ佐竹

良い点

  • 特に無し

悪い点

  • 簡単すぎるギミック数にあまりに単調
  • 2回に1回再生される広告
  • 音は広告のみ

総評

 パズルゲームではあるが、大人がやるレベルではない。そんな緩すぎる難易度に広告が高頻度で出てくるのでやる気が湧く訳が無い。「目が見える」「指がある」なら、誰もがサクサクとクリア可能。ならば幼児~小学生低学年、ゲーム初心者向けパズルゲームなのか…と思ったが違った。「銃で打たれる」「相手の頭上に棘の付いた障害物を落とす」等、ちょっと過激な内容があったりするので、時代として認めるにしては、年齢的に教育上難しい所がある。ということで需要が全く無いゲームという事でした。これ以上書くのもしんどい。

毎度思うが、楽しいと思えるゲームにいつ会えるのか。早く良い所をしっかり書いてみたい。うん無理やな。一言でこのゲームを表すと「ゴミ」「1998年頃フラッシュ」

New Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です